育毛と病理学

病理学は、病気の原因をさす場合があります。

 

抜け毛が増えた、フケが出る、頭皮がべとべと。
これらは病気の場合があります。

 

この原因を知ることが病理学の1つ。
解決手段が見つければ、病気が軽減して、いずれ完治する場合も。

 

病理のお医者さんは、一般患者と直接会うことはありませんが、検査の場で活躍されています。

 

病理医

 

詳しく知ることは、完治の第一歩。
抜け毛の原因に至る血管のことまで知っておくとよいでしょう。
まあ、むつかしく考えることはないですが、不思議な世界が見えてきます。

 

そして細胞1つ1つがみんな必死で生きています。